行くぜ東北! それは、三日目のお昼までのコト

三日目19日。 今回も画像満載の絵日記です v(^o^)

ここはシャチョー宅最寄りの梁川郵便局。建物が立派な割にはATMが一台しか無いっ!
e0027711_08564563.jpg



シャチョーにあぶ急の梁川駅まで送ってもらったです。
右が駅舎、左がそば店が入るなんでも施設。
ここはあぶ急の本社と車両基地があるメインの地ですが・・・
e0027711_08570661.jpg


 
駅前は植木の剪定もままならないのか、こんなカンジで実に寂しいィ・・・
e0027711_08581607.jpg




駅前ロータリーにはお約束の空間線量計があり、数値は実に普通
e0027711_08582634.jpg



駅舎に入ります。駅員サンが券売機に一日フリー乗車券のパンフを掲示してたです。
19日である今日は9の付く日で900円であぶ急が乗り放題とか。
e0027711_09005210.jpg



当然買ったです。
e0027711_09004565.jpg



時間がたっぷりあるので、となりの売店施設で待機
e0027711_08584470.jpg



なので、駅までの途中で仕入れた朝食を頂くコトに
e0027711_08585299.jpg



予定の列車が入線する時刻が近づいたのでホームに上がったです。
あぶ急メイン駅なのにホームは狭いです。
e0027711_09010029.jpg



福島へ向かう2番線で待ちます。
向かい側の看板が七割が白看板でした・・・
e0027711_09014627.jpg



で、福島駅にワープ。
通勤通学時間帯だったので、福島へ向かうほど乗客が増えて行きますが、満員とはならなかった・・・
e0027711_09022189.jpg



折り返しの列車に乗車するまで福島駅の東側をうろつきながらパチリパチリと
と、高校生たちが駅そばの駐車場の二階にゾロゾロとあがり
反対側のスロープから自転車を手にした高校生がゾロゾロと降りてきた
e0027711_09034743.jpg


自転車の彼らが、必ずしも同一方向に向かうワケじゃないコトに気が付いた
学校がそれ程の遠いんじゃスクールバスでもあればイイじゃんと思ったけれど、その経費はバカにならないからな・・・
なかなか見られない光景なのでパチリ
e0027711_09040690.jpg



その辺りをパチリ
e0027711_09035916.jpg



一昨日雨模様を写したバスロータリーを反対側から
e0027711_09085327.jpg



少し移動してその南側にあるJRの駅舎とタクシー&一般車用ロータリーをパチリ
e0027711_09083224.jpg



このように駅前をうろつくコト一時間弱、再びあぶ急の乗り場へ向かうです
e0027711_09094006.jpg



画像のとおりに、ここはあぶ急と福島交通の共用駅で、改札が一緒です。
e0027711_14545062.jpg



改札口に向かう通路をパチリ。改札口は正面を右に曲がったすぐの所にあります。
e0027711_14554344.jpg



改札内のホームをパチリ。改札口を写し忘れていました・・・
このホームを見て単純な疑問が浮かんだです。
JR東北本線を超えて北西方向へ向かう福島交通がホームの東側を使い、北東方向へ向かうあぶ急がその西側という組み合わせです。
e0027711_14555235.jpg



終着駅の象徴でもある車止め。
福島交通はショックアブソーバー付きと思われる車止めとPC製枕木。
こんなモノにお世話になるのだけはカンベンしてい欲しいものだ。
e0027711_14563426.jpg




駄菓子菓子。あぶ急はレールを加工した簡単な構造で枕木は木製。
あぶ急の懐事情が察せられる・・・
e0027711_13380489.jpg



二両編成の福島交通の電車が入線してきました。乗客が都心並みにぎゅう詰めの満員でした。
元東急の車両を単編成化したおもしろ顔の電車です。機会を見つけて飯坂温泉に行きたいです。
e0027711_14564117.jpg



しばらくしてあぶ急も入線してきました。
e0027711_14565124.jpg



あぶ急は福島交通の二倍の四両編成。比べてみるとあぶ急の車体がでかい。
乗客の密度は福島交通ほどでは無かった。
e0027711_14574984.jpg



折り返しの槻木行きとなる列車の先頭に乗車。
この列車は途中の梁川で分割されて、先頭の二両が槻木へ向かいます。
e0027711_14574312.jpg



先頭車両に設置されているトイレをパチリ
e0027711_14580530.jpg



確保した座席にの様子をパチリ。
以前はテーブルがあったらしい位置にはビスで埋められていた。
e0027711_14581126.jpg



運転席にはふくよかな女性運転士サンが席に着きました。
そして、俗に「かぶりつき」の全面窓付近に、挙動不審そうな落着きない怪しいアンチャンが立っています。
e0027711_14582195.jpg



トイレの側壁には特定日に料金600円で販売されるフリー切符の案内が掲示されています。
e0027711_12470127.jpg



実り始めた稲の向こうに、奥羽山脈が見えます。
e0027711_14585263.jpg



梁川駅に到着し、車掌サンが貫通路扉閉めの作業を始めました。
e0027711_12451215.jpg



向こう側の職員と共に貫通路の幌を外しています。
e0027711_12452250.jpg



貫通路扉を閉めの作業が終了しました。
e0027711_12460751.jpg



今度は運転室の扉を閉め作業しています。
e0027711_12461434.jpg



全ての作業が終わったらしく車掌サンが車両から降ります。
e0027711_12462137.jpg



半分の二両編成なり、男性の運転士サンに交代して槻木へ向かいます。
e0027711_12465595.jpg



山並みが近づいてきました。
e0027711_12490319.jpg



宮城県側になる阿武隈山地の北側の長いトンネル内を走行しています。
e0027711_12494199.jpg



トンネルを抜けると阿武隈川が迫って来ています。
e0027711_12504235.jpg




台風7号の名残りか茶色く濁り水嵩がかなり上がっているようです。
e0027711_12511037.jpg



あぶくま駅に到着です。
e0027711_12515648.jpg



阿武隈山地の北側を阿武隈川に沿って横切ると丸森町に出ました。
槻木が近づく程に仙台方面へ向かう乗客が増えてきました。
e0027711_12521257.jpg



あぶ急の終点である槻木駅に到着しました。
e0027711_12531985.jpg



ホームの掲示物などをパチパチ撮ります。
e0027711_12552783.jpg



福島駅方向の先頭部を駅名標示板と共にパチリ
e0027711_12554965.jpg



ふむふむ・・・
日差しを避けて表示板の陰で待っています。
e0027711_12581316.jpg



仙台方向に回ってパチリ
e0027711_12584132.jpg



アタクシはここ槻木駅で一旦改札外に出るため乗務員から清算済証を受け取る。
e0027711_13002236.jpg



あぶ急の大半の乗客が、仙台へ向かう東北本線の3番線ホームに移動します。
日差しがきついので日陰に集まっています。
当のアタクシも汗が滲んできたです (^^;
e0027711_12584626.jpg



跨線橋の階段に完成した時期を示すであろう数字がありました。
なぜか親近感を覚えてパチリ。
e0027711_12585230.jpg



跨線橋から各列車をパチリ。
右があぶ急の列車。左が福島へ向かう上りJRの普通列車(各停)。
e0027711_13010857.jpg



一旦改札を出て駅舎をパチリ。
改札口はこちらの東側のみなので、西側の人は不便だろうなぁ~・・・
e0027711_13013217.jpg



今日の目的地の原ノ町駅までのJRの切符を購入するため再度駅舎内に入ります。
e0027711_13020550.jpg



券売機上の運賃表をパチリ。
左下に記載がある原ノ町へは代行バスの記述がありました。
e0027711_13021257.jpg



運賃は御覧の通りの値段です。
e0027711_13024816.jpg



再びホームに立ちます。仙台へ向かう二番線です。
e0027711_13022924.jpg



列車は東北版「走るンです」の愛称?が付いた電車です。車内の保温維持のため、ホームに到着してもドアは開きません。
乗降時はドア脇のボタンを押してドアを開けて入ります。
車内に入ったら内側のボタンを押して閉めます。降車時はこの逆になります。発車前に車掌が最終的に閉めます。
e0027711_13023467.jpg



隣の岩沼駅で降ります。お約束の画像をパチリ。
e0027711_13034701.jpg



乗車していた「走るンです」を見送ります。
e0027711_13034199.jpg



東北本線から常磐線に乗換えるために移動します。
e0027711_13053008.jpg



東北本線用の4番線ホームから常磐線用の1,2番線ホームへ向かいます。
e0027711_13053694.jpg



まともや跨線橋からパチリ。映っている山並みは阿武隈山地の端っこらすぃ~・・・
e0027711_13054340.jpg



常磐線の上りホームである一番に来たです。
e0027711_13054816.jpg



「走るンです」の後継新型車両は、紫外線カットガラスなんで色合いがおかしい風景となっているです。
雑草の向こう隣は東北本線の線路です。
e0027711_13055470.jpg



亘理駅に着いたです。
e0027711_13072626.jpg


仮設された床板で異様に広くなったホームで、乗車していた列車(この場合は電車ね)をパチリ。
この列車は隣の「浜吉田」まで向かいますが、相馬駅とを結ぶ代行バスはここ亘理駅からとなります。
e0027711_13073478.jpg



駅舎外からパチリ。奥に見える天守閣らしき建物は市の資料館のようです。
e0027711_13090346.jpg



代行バスの発車時間の都合上と、日差しが強くなっていたのでそそくさとに乗換えます。
e0027711_13095460.jpg



その2
e0027711_13100270.jpg



乗り込みました。
e0027711_13100819.jpg


バス停の標識をパチリ
e0027711_13101840.jpg



常磐線の北側の終着駅となる「浜吉田」駅は、左側の送電線鉄塔の方向へ直線距離で1.1㎞のところにあります。
e0027711_13110857.jpg



代行バスの山元駅は山元町役場の敷地内に設けられているです。
e0027711_13124851.jpg



どう評価して良いのか迷う停留所待合室。
e0027711_13125375.jpg



R6 の交差点にあった町役場の案内板をパチリ
e0027711_13130595.jpg


仮設感ありありの仮設庁舎。
e0027711_13132522.jpg


高台を通るR6から建設中の常磐線が見えました。線路は内陸側に移動した上で高架化しています。
e0027711_13140851.jpg



R6が平地に降りたところでパチリ
e0027711_13141701.jpg



沿道の風景をパチリ。
交通整理のガードマンは常設の日傘内で待機中。
e0027711_13154410.jpg



新地町の役場が見えてきました。
e0027711_13161730.jpg



国道R6から左に折れて役場前の道路脇に設けれたバス停に到着しました。
e0027711_13162295.jpg



役場庁舎をパチリ
e0027711_13163139.jpg



バス転向所の手前に設けれている仮設の商店街がありました。
e0027711_13163626.jpg



バス転向場をパチリ。ここはJR以外に数社のバス会社が利用しているようです。
e0027711_13164006.jpg



JR代行バスの停留所の反対側には、JR以外のバス会社のバス停が設けられていました。
e0027711_13171871.jpg



駒ヶ嶺駅にアプローチする道路沿いには新築の真新しい住宅が並びます。
e0027711_13193399.jpg



明るい外壁の色が並びますが、多くが最小限の広さと思われる規模のこじんまりとした住宅でした。
e0027711_13193951.jpg



入居待ちの建売住宅のようです。
e0027711_13194584.jpg



駒ヶ嶺駅に到着しました。
この駅舎は先の震災では津波を線路ギリギリで免れたようです。
e0027711_13195178.jpg



駅前に設けれた新地町の案内図をパチリ
e0027711_13195508.jpg



駅前が狭いためバスはバックして方向転換します。
e0027711_13200160.jpg


ここに来て待望の国道の標識(おむすび)を捉えることができたです。
e0027711_13200656.jpg



沿道の除草作業をパチリ
e0027711_13203582.jpg



施工区間を示すらしいパイロンとマーキングと、所管する官庁に提出する写真用の黒板がありました。
写真の提出先は最寄りの国道工事事務所かと。
e0027711_13203947.jpg



代行バスの終点である相馬市が近づいてきました。
e0027711_13204472.jpg



途中にあった震災復興関係のNPO法人の事務所であろう看板がありました。
e0027711_13205269.jpg



相馬駅に到着しました。
e0027711_20275308.jpg



降車時には待機していた係員から切符の提示を求められました。
持っていない人がいたのでその場で現金精算していました。
到着時刻が11:00を過ぎていたので
e0027711_20282004.jpg



乗っていたバスが方向幕を「回送」表示にして駅前を去りました。
e0027711_20274560.jpg



お昼が近づいていたので、昼食が取れるところを物色しながら駅前の撮影を始めます。
e0027711_20282711.jpg



駅前広場の反対側から駅舎をパチリ。
朝からエアコンの効いた列車やバスと乗り継いで、しっかり快適気温に慣れたおっさんには、キツイ気温となって来たです。
e0027711_20284451.jpg



代行バスの車内で検索して目星を付けていた蕎麦屋がありました。
e0027711_20285550.jpg



早々に店内に避暑して喉を潤すことにしたです。
しっかり「ジジイおっさん」しています。
e0027711_20311473.jpg



そして天ざるを頂戴したです。
揚げたての天ぷらはビールに合う合う (^^
e0027711_20314277.jpg



お会計です(^^;
e0027711_20314939.jpg


by tsoc_up15 | 2016-09-23 07:59 | 番外編 | Comments(0)