2005年 12月 08日 ( 1 )

Vol.52

                                   文:HP管理者

 先のMEGAWEBにて開催したTSOC 30周年記念ミーティングの帰路、息絶えた1966さんのトヨスポを復活するべく中古エンジン引取りに同行させて頂きました。
e0027711_21214963.jpg
 待ち合わせ場所に向かうべく朝は06:30に自宅を発ち、千葉から鈍行のでんぐるまを使って南へ向かうことにしました。(この路線を再び使うのは何十年振りなんだろう・・・)
e0027711_2122222.jpg
 千葉を出てから1時間半経ってから東京湾のオーシャンビューを堪能することが出来た。しかし、対岸の京浜地区上空の色が汚い灰色に覆われているのは実にいただけない・・・
e0027711_2122950.jpg
 そして自宅を出てから3時間半後の09:50到着。画像でも分るように、ツーリングの下見の時とは打って変わっての上天気。
e0027711_21222490.jpg
 駅から車で十数分の所にある整備工場にそれはありました。1966さんのトヨスポが常々お世話になっているという工場です。
 当初伺っていた話しから期待していたのですが、実物を拝見して少々がっかりしてしま居ました。
 当の1966さんは対照的にニコニコしていました。手に入ると思っていたエンジンがこうもあっさり見つかった事に喜んでいたのでした。
e0027711_21223488.jpg
 その工場には20のパブリカが置いてありました。社長さんの車で、毎日エンジンを掛けて工場の建屋から屋外に出しているとのことです。よくよく見てみるとスーパーでした。
 フロアシフトにツインメーター・・・あ、エンジンを確認していなかった!
e0027711_21224051.jpg
 そして「某所に変なパブリカがある」との1966さんの情報に誘われて出向いたところにあったのが世にも珍しいパブコンのH/T仕様。
 持ち主はレストをするつもりでバラしたのですが、以後この状態で5~6年を経過してしまったとのことです。噂には聞いていましたが、実車は私初体験でした。
e0027711_21224890.jpg
 1966さんの足車にエンジンを積込んだ状態。ミニエースに搭載されていたともわれるフルフロータイプのエンジン、2U-Bだったっかな?
e0027711_2123358.jpg
 エンジンを積込んで普段トヨスポの拠点となっている1966さん隠れ家に立ち寄り荷物を少々積載する。
e0027711_2123949.jpg
 隠れ家から一時間程のところにあるトヨスポを預けた整備工場に到着。ここの社長さんと1966さんのトヨスポを担当している二代目さんが共にトヨスポを贔屓にしてくれており、仕事を超えた扱いでもって対応して頂いており、時間を忘れて色々な話しが尽きなくなってしまいました。
e0027711_21231453.jpg
 この日伺った時点ではすでにエンジンが降ろされており、クランク、コンロッド、ピストンの現状を確認することが出来ました。
 今回持ち込んだエンジンが、どんな程度の状態かは開けてみるまで未知数ではあるけれど、今回引受けてくれた二代目さんが「任せてください」との心強い言葉を頼りに私たちはお暇することにしました。
e0027711_21232272.jpg
 都内某所に居を構えている1966さんの本宅を夕方になってようやく直撃。最寄駅から徒歩数分はなんとも羨ましい・・・

by tsoc_up15 | 2005-12-08 21:30 | メンテ | Comments(0)