カテゴリ:メンテ( 20 )

四ツ葉オートさんへ

24日の金曜日、えーし@今だけTSOC会長なヤツの近所に住まわれるMittaさんの赤ヨタが、車検更新のために助手席同乗で同行しました。

事前の打ち合わせでは、車両の状況から四ツ葉オートさん(宇都宮市)へは一般道を使って(≒120km)、調子が良ければ高速道を使っての移動を考えて、05:00に拙宅へ寄って頂いて向かう事にしました。

05:20頃、拙宅からR16へ出て一路常磐道の柏ICを目指しましたが、途中で渋滞が発生していたため、途中から手賀沼の脇を抜けてR6へ出て取手へ向かいました。

R6を順調に走り、取手でR294へ折れてそのまま守谷を抜けても快調に走っているため、常磐道の谷田部ICから北上して友部JCTで北関東道を経由して向かう事になりました。

R294経由で10:00~11:00頃到着を予想していましたが、順調に高速道を快走したお蔭で、二時間以上早い08:00過ぎには四ツ葉オートさん到着しました。
しかし、この時刻は営業時間前なので、近場のファミレスで朝食を兼ねて時間調整しました。

そして・・・

つづきはこちら!

by tsoc_up15 | 2012-08-27 15:32 | メンテ | Comments(0)

スポーツ800回送業務

 裾野ミーティング参加時に、参加者の一人であるHN:シナクロさんから、ご自身のスポーツ800(品川ナンバーの黒いヤツ)のミッションから異音がするとの相談がありました。
 都内の自宅から会場まで乗付けて来たことを考えると、深刻な問題ではないと判断した上で後日改めて相談を受けることにしたのですが、ご本人はよほど気になっていたらしく、渋滞が始まる前にと言って昼食後早々に帰宅されました。

 翌日ご本人から連絡が入り、帰路での異音が往路より酷くなっているので対応して欲しいとのことでした。
 昨今の補給部品の状況から、安価な費用では上がらないことを伝え上で心当たりを打診して結果を伝えることを約束しました。

 画像があれば後日掲載

 そして・・・・つづく

by tsoc_up15 | 2010-11-19 21:50 | メンテ | Comments(0)

Vol.225 ホイール&タイヤ

文&画像:TSOC O会長

ホイールをインチアップしてみました。
これまではハヤシの12インチX5J、Offset 25mmのホイールをはいていましたが、なんとなく足元がさみしいので13インチのホイールを探しました。
残念なことに、PCD110mmのホイールはRX-7用で、皆6J以上となってしまいます。

興味のある方はこちらへ

by tsoc_up15 | 2007-11-24 16:12 | メンテ | Comments(0)

Vol.122 ユーザー車検

                                文画像共:O会長

我がヨタも車検の季節になったので鮫洲の車検場に行ってきました。
e0027711_511890.jpg
9月にブレーキホース3本、カップゴム8個、ブーツ8個を近所のトヨタデーラーにたのみました。

続きを読む・・・

by tsoc_up15 | 2006-10-09 18:00 | メンテ | Comments(0)

Vol.104

                                  文:O会長
UP10レーシングにオイルクーラーをつけるためのステーをアングルを利用して作ってみました。
2U型のエンジンはオイルの管理が重要でオイルクーラーを付ける事によってエンジンも長持ちするようです。
e0027711_22124953.jpg

近所の空冷ポルシェ工場で聞いたところ、標準でオイルクーラーはビルトインされていますが2層式のオイルサンプを付けるのが常識だそうです。
e0027711_2213119.jpg
e0027711_22131241.jpg

by tsoc_up15 | 2006-06-20 21:11 | メンテ | Comments(0)

Vol.87

                         文:南房総の1966さん
e0027711_10565724.jpg今日は天気が良いのでトヨスポの虫ぼしです。

by tsoc_up15 | 2006-04-21 10:58 | メンテ | Comments(0)

Vol.84 part 1

                              文:ウェブサイト管理者
 4年前からコツコツとボディレストアを手掛けていたA野さんの依頼でエンジンを作動させることにしました。ご実家の解体に伴って移動させなければならないとのこと。
e0027711_11172666.jpg 09:00 A野さんに最寄駅まで迎えに来て頂いて保管場所に到着。
 車庫がある敷地内では前日から始ったご実家の解体工事が始っていました。

e0027711_1117414.jpg さっそくこちらも作業開始。
 4年間一度も動かしたことが無いエンジンが再び目覚めるのか少々心配でしたが、4年前に現在の車庫へ自走して納めたという話しを頼りにエンジン点火に向けての作業に入ります。まずはオイル交換。
e0027711_11174974.jpg エンジン点火の作業に向けて着々と準備を進めていたが、プラグを外してビックリ!デンソーの W14F-U が付いていた、それも真っ黒!
 後に調べてみたらNGKのB4HSに相当するものと判明した。道理で吹けが悪いワケだ。
e0027711_11175758.jpg このあと案外あっさりとエンジンが掛かり二人して喜んだ!しかし、吹け上がりが良くないので持参してきたNGKのプラグに交換して再度点火させると事の外ご機嫌にエンジンが回った。

 喜んでいたのも束の間。燃料タンクのドレンボルトからガソリンが漏れていたことを発見!
 暫くすると車庫内にガソリン臭が漂ってきたのでタンクからガソリンを抜いてタンク取外しをすることに。
←燃料タンク取外準備中のA野さん。
 この後タンクを取外している最中に、ドレンから垂れて来たガソリンに彼の右目が襲われた!

 ドレンボルトはがっちり取付けられていたが、外してみて驚愕する。ボルトのネジピッチが変形していたのです。旧JIS規格と現JIS規格であるISOにおけるネジピッチ違いと思われます。
  ガソリンが完全に抜け切らないタンクを抱えてA野さんが頼りにしているK自動車技研に向かう。昼食後の一番に事情を説明してタップでタンク側のネジ山を切り直して貰う。
e0027711_1118991.jpg
 修理を完了した燃料タンクを取付準備中のA野さん。
e0027711_11181977.jpg フロートセンサーを増し締め中のA野さん
e0027711_11183162.jpg いよいよタンク取付。
e0027711_11183884.jpg 取付が完了した燃料タンク。
e0027711_11184429.jpg トランク内のホースを再度接続。
e0027711_11185288.jpg ご実家の解体作業も半分まで進む。
e0027711_1119096.jpg 再度エンジンを点火!
 プラグを替えたことにより吹け上がりが少し良くなる。
e0027711_1119988.jpg 数メートル前進してみた。
 4年ぶりにお天道様の日差しを浴びることになりました。
 ドレンボルトのトラブルで作業中断を覚悟しましたが、A野さんの粘りと頑張りによって09:30辺りに開始した作業も昼食を挟んで15:30頃には無事終了しました。
 A野号は新しい場所に移転後、燃料タンクを下ろして床回りの錆び落としに取り掛かり、年内には路上復帰を果たしたいとおっしゃってました。

by tsoc_up15 | 2006-04-08 22:00 | メンテ | Comments(0)

Vol.56

                                   文:O会長

タイヤとホイールを交換してみました。

①タイヤはダンロップG5、ホイールはマツダファミリア用の鉄ホイールです。
e0027711_158534.jpg

自分で交換しようと試みましたが、1本であきらめました。残ったタイヤはナイフで半分に切って燃えないごみとして出しました。
e0027711_15901.jpg
e0027711_15989.jpg

②今つけているタイヤはノーマルホイールに65ハイトの小さなタイアなので家のガレージに入れるときフロントバンパーをこすっていたので、ヤフオクで買ったハヤシのアルミ12インチX5Jにオートバックスで安いタイヤをはめてもらうことになりました。しかしそれに合うバルブが無く断られましたが、ねばってバルブを探してもらいやっと完成し、それを装着できトレッドも広がり快調にはしれるよういになりました。。
e0027711_1591910.jpg
e0027711_15174387.jpg

by tsoc_up15 | 2005-12-19 13:07 | メンテ | Comments(0)

Vol.52

                                   文:HP管理者

 先のMEGAWEBにて開催したTSOC 30周年記念ミーティングの帰路、息絶えた1966さんのトヨスポを復活するべく中古エンジン引取りに同行させて頂きました。
e0027711_21214963.jpg
 待ち合わせ場所に向かうべく朝は06:30に自宅を発ち、千葉から鈍行のでんぐるまを使って南へ向かうことにしました。(この路線を再び使うのは何十年振りなんだろう・・・)
e0027711_2122222.jpg
 千葉を出てから1時間半経ってから東京湾のオーシャンビューを堪能することが出来た。しかし、対岸の京浜地区上空の色が汚い灰色に覆われているのは実にいただけない・・・
e0027711_2122950.jpg
 そして自宅を出てから3時間半後の09:50到着。画像でも分るように、ツーリングの下見の時とは打って変わっての上天気。
e0027711_21222490.jpg
 駅から車で十数分の所にある整備工場にそれはありました。1966さんのトヨスポが常々お世話になっているという工場です。
 当初伺っていた話しから期待していたのですが、実物を拝見して少々がっかりしてしま居ました。
 当の1966さんは対照的にニコニコしていました。手に入ると思っていたエンジンがこうもあっさり見つかった事に喜んでいたのでした。
e0027711_21223488.jpg
 その工場には20のパブリカが置いてありました。社長さんの車で、毎日エンジンを掛けて工場の建屋から屋外に出しているとのことです。よくよく見てみるとスーパーでした。
 フロアシフトにツインメーター・・・あ、エンジンを確認していなかった!
e0027711_21224051.jpg
 そして「某所に変なパブリカがある」との1966さんの情報に誘われて出向いたところにあったのが世にも珍しいパブコンのH/T仕様。
 持ち主はレストをするつもりでバラしたのですが、以後この状態で5~6年を経過してしまったとのことです。噂には聞いていましたが、実車は私初体験でした。
e0027711_21224890.jpg
 1966さんの足車にエンジンを積込んだ状態。ミニエースに搭載されていたともわれるフルフロータイプのエンジン、2U-Bだったっかな?
e0027711_2123358.jpg
 エンジンを積込んで普段トヨスポの拠点となっている1966さん隠れ家に立ち寄り荷物を少々積載する。
e0027711_2123949.jpg
 隠れ家から一時間程のところにあるトヨスポを預けた整備工場に到着。ここの社長さんと1966さんのトヨスポを担当している二代目さんが共にトヨスポを贔屓にしてくれており、仕事を超えた扱いでもって対応して頂いており、時間を忘れて色々な話しが尽きなくなってしまいました。
e0027711_21231453.jpg
 この日伺った時点ではすでにエンジンが降ろされており、クランク、コンロッド、ピストンの現状を確認することが出来ました。
 今回持ち込んだエンジンが、どんな程度の状態かは開けてみるまで未知数ではあるけれど、今回引受けてくれた二代目さんが「任せてください」との心強い言葉を頼りに私たちはお暇することにしました。
e0027711_21232272.jpg
 都内某所に居を構えている1966さんの本宅を夕方になってようやく直撃。最寄駅から徒歩数分はなんとも羨ましい・・・

by tsoc_up15 | 2005-12-08 21:30 | メンテ | Comments(0)

Vol.41 part 2

                                   文:HP管理者

続いてマスターシリンダーの交換作業へ入りました。
今年夏のロングツーリングまでは異常が無かったブレーキが踏込時に引っ掛かるようになり十分な減速と停止が出来なくなりました。
決定的だったのは忠ちゃん牧場ミーティングのショートツーリングの帰り道。
信号により前を走るトヨスポが停止し、十分車間距離があるにも関らずブレーキの踏み代がおかしくなり、あわやオカマを掘るかと思った距離で停止。冷や汗モノでした。
これを機にマスターも交換することとしました。

e0027711_1155383.jpg撤去前のかなり古いタイプのマスターシリンダーを写す。
e0027711_116090.jpgマスターシリンダーを撤去した状態。
e0027711_116711.jpg撤去したマスターシリンダー。
現在入手出来る物のタンクに比べると細長いことが判る。
後にインナーキットを入手してリビルドすることにしました。
e0027711_1161324.jpg交換完了。
今回は簡単に済ませるため、プッシュロッドと分岐のウェイをそのまま再使用することにしました。
ブレーキオイルも#4に交換していただき、試走も行ってブレーキの効き具合を確かめて完了!
ところが、この後に大変な事件が控えていたこととはつゆ知らず。
あまりのもお粗末過ぎる失策だったので、恥ずかしいから非公開と致します。

by tsoc_up15 | 2005-11-11 23:40 | メンテ | Comments(0)